US版らき☆すたが届いたので見てみました

というわけで、先週末に届いてて、見たのは一昨日なんですが。
こんな感じで届きました。

パッケージ

映像は国内版と同じはずなので、触れません。
音声は英語と日本語、字幕は英語のみが入っていました。
歌に関しては全てオリジナル日本語版のみのようです。
テロップは全て英語に差し替えられてます。
で、収録話数はやはり4話ですね。
これで送料込み$30以下ですから、非常にお買い得です。
特典映像は入ってないですけど、本編だけ見たい場合は出揃ってからまとめて購入すると結構良いのかも。

が、ここで注意。
DVDにはリージョンコードというものがあります。
今回私が購入した者は北米版になります。
北米のDVDリージョンは「1」で、ここ日本のDVDリージョンは「2」になります。
なぜこうなっているのかはググってもらうとして。
基本的に、国内のPC、プレーヤー等でリージョンが「1」のDVDを見ることは出来ません。
この記事を見て北米版のDVDを購入されて閲覧することが出来なかったとしても、当方では一切責任を負えませんので、十分にご注意ください。
注意書きを見なかったなどというのは言語道断です。

PS3用デジタルチューナー「PlayTV」の発売日が決定

ソニー、ついにPS3でデジタル放送を録画できる「PlayTV」を発売へ (GIGAZINE)

※国内での発売予定はありません※
欧州のデジタル放送規格「DVB-T」に対応したUSB接続のデジタル放送チューナー「PlayTV」ですが、やっと発売日が決まりました。
9月10日より60ポンド(1万3000円ぐらい)で発売されるそうです。
日本国内では絶対にあり得ない録画映像への著作権保護もないそうです。

GIGAZINEにも書いてありますが、北米のデジタル放送規格「ATSC」および国内の「ISDB」には対応しません。

果たして、国内向けに「PlayTV」に類する周辺機器、あるいは「PSX2(3?)」とかPS3内蔵レコーダーみたいなものは発売されることはあるんでしょうか。

ひぐらしのなく頃にの新作OVAはBD版もリリースされるようです

新作OVA「ひぐらしのなく頃に礼」がBlu-ray/DVDでリリース (AV Watch)

というわけで、全5巻、「コレクターズエディション」「オヤシロエディション」「通常版」「BD版」という多彩なラインナップでリリースされるようです。
これなんて限定版商法……。

BD版はDVDの各エディションの発売から約1ヶ月経ってのリリースとなるようで、各話は2ヶ月に1話のペースでのリリースとなります。
最初の「羞晒し編」のリリースは、2008年12月26日で、最終巻「昼壊し編」のリリースは2009年8月末(BD版は9月末)となるようです。

太秦戦国まつり2008のイメージソングが公開されました

天狗の天敵“ねばねば”を紐解く~からす天狗はいかにしてねばねばが苦手になったか~ (太秦戦国祭り公式サイト)

太秦戦国祭りといえば、そう、「うじゅ」ですね。
ニコ動では何故かちょっと遅れてブームがやってきたりとかしてましたが。

さて、今回の曲名は「ねばねば♥スイーツ」だそうで。
天狗はねばねばが大の苦手と言うことで今回はそれがテーマのようです。

ねばねば。

キヤノン、24Mbps記録が可能なAVCHDハイビジョンカメラを発売へ

キヤノン、AVCHD規格上限24Mbps対応ハイビジョンカメラ (AV Watch)

キヤノンは、来月下旬よりAVCHD規格の上限ビットレートである24Mbpsでの記録が可能なiVISの新モデルを発表しました。

32GBの内蔵メモリをもつ「iVIS HF11」、120GBのHDDを内蔵する「iVIS HG21」が発表されています。
また、いずれもSD/SDHCカードへの記録もサポートするとのこと。

Blu-rayのオーサリングが可能なピクセラ製のソフトも同梱されるそうです。

米Sony、VAIOの新モデルを発表

type Z : NEW SONY PC DELIVERS HIGH PERFORMANCE IN ULTRA-PORTABLE PACKAGE (Sony USA) ※英文記事

とりあえず、気になるtype Zの記事だけ。
ディスプレイはXBRITE-DuraView™ LCD technology採用の13.1インチで、1600×900の高解像度液晶を搭載、HDMI搭載、プラットフォームはIntel® Centrino® 2 technology、無線LANは802.11n対応、Blu-rayドライブの搭載も可能、nVIDIAのハイブリッドグラフィックスも対応と、これだけでも、結構ハイエンドなことがわかるんではないかと思います。

気になるお値段は、$1,800~ということで、かなりのお買い得感が…。

スクエニ、ファイナルファンタジーXIIIのXBOX 360での展開を発表

「ファイナルファンタジーXIII」はマルチで展開――Xbox 360でも発売決定 (ITmedia +D Games)
Microsoft、「Xbox 360 Media Briefing」を開催 欧米においてXbox 360で「FINAL FANTASY XIII」がリリース決定! (GAME Watch)

現地時間7月14日にロサンゼルスで開催された「Microsoft Media Briefing」において、ゲストとして招待されたスクエニ和田社長がイベントの最後にサプライズとして発表したとのこと。

これにより、少なくとも欧米では正式ナンバリングタイトルがXBOX 360で発売されることが決まりました。
まぁ、北米に限っては依然としてPS3に対するXBOXのシェアは圧倒的ですので、開発費の回収等に関してもマルチ展開が現実的であるのは間違いないですから、やむを得ないと言ったところでしょうか。
しかし、FF12でもシナリオがスカスカだったことから当初はDVD1枚に入りきっていなかったと思われるわけで、ハイデフなXBOXにおけるFF13が、DVD何枚組になるのか、ちょっと期待してみたいところです。

ちなみに、国内でのXBOX 360版の発売は無いようです。

SCE、PSPの最新ファームウェア、v4.05をリリース

PSP®システムソフトウェアアップデートについて (PlayStation.com)

ということで、ちょっとバージョンが飛んで、v4.05がリリースされました。
むしろ機能の追加内容的には、これが実質v4.00な感じですが。

今回はワンセグ機能の強化がメインになっています。
最大8件の録画予約、日時指定の予約、繰り返し録画、自動延長、サイレント録画とかなり気合いの入った更新になっています。
深夜番組を録画予約しておいて、通勤時や休み時間などに見るといった事が非常に容易になった気がします。
というか、サイレント録画とか深夜番組録画用としか考えられません。

また、今回の更新で、”綺麗な波”とか皮肉っぽい感じの音楽用ビジュアライザも追加されているようです。
というか、日本以外の国では今回はこれしか更新がないことになりますね…。