Chromeの速さはどこからくるのか

@IT : Chromeはなぜ速いのか

@ITで特集されています。
「速さ」を実現するChromeのコア技術についていろいろ書かれています。
結構興味深い構造になっているなぁと思ったり。

まだメインで使う分には不便なところとか沢山あるんですが、これからFirefoxのようにアドオンにも対応していくので、これからの発展に期待したいところです。

仮想化へのアプローチ

前にも書いたことがあるかもしれませんが、またサーバの仮想化を考えています。
今現在のサーバのOSはCentOS 5.2(≒RHEL 5.2)なわけなんですが、まだこのリリースでは仮想化のアプローチとしてXenをあげることが出来ます。

ところが、RHELの開発元のRedHat社は、時期リリースのベースとなるFedora 9から、XenのDomain 0サポートをしていません(Domain Uとしての動作は可能な模様)。
RedHat社は、Xenに続く新たなオープンソース仮想化プロジェクト、KVMのサポートを強化しており、つい先日にはKVMの開発を推進していたQumranet社の買収を完了したようです。
この流れは、FedoraをはじめとするRedHat系Linuxが少なくとも近い将来にはXenのサポートに戻ることはないと考えることが出来ると思います。

そんな中で、今サーバの仮想化を考えると、どのアプローチを取ればいいのか判断に迷うところだったりもするのですが、ここは新プロジェクトKVMを採用してみるのもありなんでしょうか。

とある魔術の禁書目録

を今更ながら読み始めてみました。
まず言いたい。
ヒロインは美琴であると。

4巻まで買って1日1巻的ペースで読んでますけど、美琴かわいいよ美琴以外に出てくる感想はないと思うわけですがこれいかに。

やっぱり中二設定が好きすぎてたまらないです。
こんなにも好き好き中二なもんで、たまに小説が書きたいとか日和ってしまったりするんです。

アナログなブラウザ

やじうま Watch : IE6で「アナログ」と表示するページ
CSS HapyLife : IE6で閲覧すると。

今やテレビのアナログ放送には「アナログ」の文字が載るようになっていますが、ネットの世界でも新しいブラウザに乗り換えなさいと「アナログ」と表示する取り組みが始まりました。
なんてことはありません。

IE7の普及率がかなりのものとなってきた今でも、頑なにIE6を使い続けてる人はたくさんいます。
そんな人たちへの一種のジョークなんですが。

確かにIE7は「シンプルなUI」と「タブ」がもたらす弊害で移行を躊躇してる人がたくさんいるとは思うんですが。
いずれはそんな人たちもブラウザを乗り換えなければ行けない日は来るはずですし、この際IE以外のブラウザとかIEコンポーネントを使ったブラウザに乗り換えたりするのもアリなのではと思ったりするのです。

SCE、PS3の最新ファームウェア v2.53 をリリース – Flash全画面表示などに対応

Engadget Japanese : プレイステーション3 v2.53 提供開始、全画面Flash再生・RTMP対応

というわけで、PS3の最新ファームウェアが提供開始されました。
先週辺りに更新内容が流出(?)していたようですが、ようやくリリースとなったようです。

今回の目玉は、Flashプレイヤーの全画面モードへの対応で、ニコニコ動画やYouTubeなどでその真価を見ることが出来ます。
スクリーンショットについては、AV Watchに掲載されていますのでそちらをご覧頂ければいいのではないかと。

AV Watch : SCE、PS3がFlash全画面表示に対応するアップデート

で、今回のアップデートで思いついたのが、これ。
痛いニュース(ノ∀`) : 【YouTube】 URL末尾に「&fmt=22」で動画が超高画質に!

ちょっと前に話題になった「&fmt=22」ですね。
詳しくはリンク先を参照していただきたいところですが、さっくり言うと高画質・高解像度モードです。
元ソースが高画質・高解像度であればその通り表示できるわけです。
「22」というパラメータでは、720pの動画を再生できるので、せっかくだからこれを試してみました。

動画とか画像とか無くて申し訳ないんですが、結論から言うと再生できました。高画質で。
ですが、コマ落ち無く再生できているかというとそういうわけではなく、特に動画のキャッシュ中にコマ落ちが発生します。
さらに、ビットレートによるのかもしれませんが、部分的にコマ落ちするところも見られ、これについては改善を期待したいところです。

今ではYouTubeに公式コンテンツも多くなってきましたが、こういうもので高解像度版も配信されるようになってくると、テレビで手軽に見られるのは重宝しそうです。