PSP-3000が発売に

日付が変わっててすみません。

昨日、「美・画面」謳うPSP-3000が国内で発売となりました。
複数ソースによると、液晶はSHARP製のモバイルASV液晶で、かなりの高画質化が図られているとのこと。
ただし、色再現範囲が拡大した影響で、色味がかなり変わっているので、ユーザーによっては違和感を感じそうです。

当方でも引き取り可能になる9:00に佐川急便の配達店から受け取ってきたわけですが、今日は出勤だったので軽くセットアップしてそのまま出ました。
なので、まだ比較はしてないんで、実際どんな風に違って見えるのかは未確認といったところです。

レビューできそうならそのうちします。

TOKYO GAME SHOW 2008、本日開幕

本日よりTGS 2008が開幕となります。
本日、明日の2日間はビジネスデーとなり、一般公開は11日土曜日からとなります。
各社多数のタイトルや新サービスを用意しているようですが、果たしてサプライズはあるんでしょうか。

関連記事
GAME Watch : 「東京ゲームショウ2008」出展メーカー特設サイトリンク集
ITmedia +D Games : 特集:東京ゲームショウ2008

未だにCR-5400が発送されない件について

というわけで、本日が発送予定日の最終日ですが、現在のステータスは以下の通り。

未発送の商品:
配送予定日: 2008/9/10 – 2008/9/20
発送予定日: 2008/9/9 – 2008/9/17 1 点 PhotoFast MS ProDuoデュアルアダプター CR-5400
販売: Amazon.com Int’l Sales, Inc.

リコールの影響なんでしょうか。

新型PSP、10/16発売で、価格は据え置きの19800円

PSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000) 発売日決定 (PlayStation.com)

本日、新型PSP(PSP-3000)の発売日が発表されました。
国内では来月10月16日に、現行モデルと同じ19,800円(税込)で発売されるとのことです。
欧州では旧モデルから値上げとなっていることから、国内でも23,800円前後になるのではないかと思われていましたが、なんとお値段据え置き。欧州の€199は、ゲームバンドルパックでした。
これでいて、液晶高画質化、マイク内蔵がはかられているのですから、PSP買い換えや新規購入を考えていた方には朗報かもしれません。
また、発売日より、4GBのメモリースティックを同梱したバリューパックも発売になる予定で、従来は32MBのものが同梱されていたことから考えると、かなり豪華仕様(?)になります。
そして年内に発売される予定の各社タイトルとの同梱版も予定されているとのことで、こちらも期待がもてるといったところでしょうか。

さらに今回はもう2つ。
以前から発表されていたPSPネイティブPS Storeですが、今秋よりスタートすることが同時に発表されています。
PS3で(いろんな意味で)大人気の「まいにちいっしょ」もPSP版が配信される予定とのことで、こちらも期待。
そして最後は、PSPのアドホック対戦対応タイトルがPS3を経由してオンライン対戦が可能になると言うことです。
こちらは現在XLink Kaiにより、非公式ながら実現されている機能ではありますが、それが今回PS3経由でようやく公式に出来るようになると言うことで、PS3を持っている方には利点がある機能となりそうです。

追記。
余談ですが、今冬発売予定のアイドルマスターSPの発売のきっかけになったのは、ネイティブPS Store(≒DLC対応)だろうと思ってるのも私だけじゃないはず。

ついにPSPのCFW対策が最終段階に?

緊急速報・CFW完全対策基板発覚「TA-88v3」 (DS PSP 初心者用講座)

以前に一度お伝えしたと思いますが、SCEが表明していたCFW、カスタムファームウェア対策。
先日任天堂もマジコンと呼ばれる違法コピーソフトを動作させることが可能なカートリッジを販売している業者を提訴しましが、どうやらSCEでも(少なくとも現段階での)違法コピー対策が最終段階に到達したようです。

この記事によると、段階を踏んでカスタムファームウェア対策が行われていて、今回、カスタムファームウェアの導入を完全に無効化するCPUを搭載した基盤を利用した製品が出回っているとのことです。

最近のPSP購入者の中で、違法コピーソフトや自作ソフトを起動させるのが目的な購入者比率がどれぐらい居るかはわかりませんが、PSPの販売台数増の影に、これが全く影響していなかったとは言い切れないと思います。
まぁつまり、これにより販売台数に影響が出ることも考えられるわけです。これはPSPだけでなくDSにも言えることではありますが。
そうは言っても、SCEにしろ任天堂にしろ、自社のハードの売り上げが下がったとしても、自社ハードからのサードパーティ離れ(とか倒産とか)なんてことも起こりうるでしょうから、対応しないわけにはいきません。

実際、これが今後どういう影響を及ぼすかはわかりませんが、現時点でPSPやDSの販売台数にその影響は見えません。
普及台数を考えればDSの販売台数への影響は考えにくいですが、PSPは駆け込み需要ってことも考えられなくはないです。
ただ、どちらも「モンスターハンター」や「ドラクエ」などといったヒット作も好調ですから、一段落してからどうなってるか、というところですかね。

SCE、PSPの最新ファームウェア、v4.05をリリース

PSP®システムソフトウェアアップデートについて (PlayStation.com)

ということで、ちょっとバージョンが飛んで、v4.05がリリースされました。
むしろ機能の追加内容的には、これが実質v4.00な感じですが。

今回はワンセグ機能の強化がメインになっています。
最大8件の録画予約、日時指定の予約、繰り返し録画、自動延長、サイレント録画とかなり気合いの入った更新になっています。
深夜番組を録画予約しておいて、通勤時や休み時間などに見るといった事が非常に容易になった気がします。
というか、サイレント録画とか深夜番組録画用としか考えられません。

また、今回の更新で、”綺麗な波”とか皮肉っぽい感じの音楽用ビジュアライザも追加されているようです。
というか、日本以外の国では今回はこれしか更新がないことになりますね…。

CR-5400は8月15日に発売延期

6月23日のエントリmicroSDHC x 2 = MS Duoで紹介したCR-5400ですが、発売日が8月15日に延期された模様です。
先日から掲載ページの発売日が変更になっていましたが、アカウントサービスの発送予定日は今日になっていたので状況を見ていたのですが、普通に延期となった模様です。

また、先日から確保できた分が完売したのか、注文できない状態になっています。

ソニーグループ中期経営方針説明会にSCE平井一夫社長が出席

Sony Japan | ソニーグループ中期経営方針説明会 (Sony Japan)

本日17:30より行われるソニーグループの中期経営方針説明会にSCE平井一夫社長が出席することが、2chをはじめ各所でちょっと話題になっています。
なんでも、中期経営計画説明会にソニー本社で肩書きを持たない人物が出席するのは初めてとのことで、なんらかの大きな発表があるのではないかと言われています。

中期的にゲーム事業から撤退であるとか、PS3販売終了であるとかそういった類の発表は、ここのところ好調のPSP、ハワード・ストリンガー会長が言っていたゲーム事業黒字化の見通しや、MGS4のある程度の成功を見る限りでは考えにくい物ではあると思いますが、2年連続で赤字を出していますので、あり得ないとは言い切れないのも事実です。

発表資料が、本日15:00より公開されますので、その時点で判明するとは思いますが、果たしてどういった発表になるのでしょうか。